WebKeepers終了のお知らせ

この度検討を重ねました結果、弊社VPSサービスは 2018年 12月 31日 24:00 をもちまして、 サービスを終了させていただく運びとなりました。

というメールが9月26日に突然来た。んぁー、何かの間違いかなと思ったけど、10月にも同じようなメールが。ついでに以下の文言も。

また、2018年 12月 31日 24:00を過ぎますと該当サービスのデータは全て消去され、サーバー機の運用も停止される運びとなります。お客様にはなるべく早期のサービス移行もしくはデーターのバックアップをお願い申し上げます。つきましては、ここに永らくご愛用いただきましたことを感謝するとともに、本事情についてご理解賜りますようお願い申し上げます。

ちょうど、このメールが来る少し前に、自分のインスタンスが落ちっぱなしで10日くらいアクセス不能な状態に陥っていて、サポートに問い合わせしても3日も応答がないなど適当な対応に頭に来ていたが「どうせもうサービスやめるし適当でいいや」という対応が伺える。

ただ、辞めるという宣言をしているにも関わらず、http://jp.webk.net/にアクセスすると、2018年11月25日現在も新規に申し込めちゃうようなんですが、どういうつもりなのかがさっぱりわからない。

Linuxの性能をアップグレードしたかったけど、アップグレードできないんです、返金もできないんです。しょぼいサービスでごめんなさいっていうメールが来たから、7月に1年サーバを追加で借りてみたけど、12月にサービス終了して1月以降分の返金もしないぜひゃっほーい。ということなんだろうか?

まぁ、安かろう悪かろうのWebKeepersですが、今では高かろう悪かろうということで、もう潮時なのかなと思った次第です。そういうどういう企業に期待してもしょうがないので、ホスティング先を別のVPSサービスに変更しようと心に決め、ようやく本日移行を完了させました。

12月のサービス終了まで、WebKeepersのVM上で無駄な計算と、無駄な通信をして嫌がらせしてやろうかなと思うくらいです。(面倒なのでしないけど)

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です